GeForce GTX 650 Ti販売開始!

600シリーズ、揃ったなという感じの650Tiが9日から販売開始(´ー`)
CUDAコアが768基、メモリインタフェースが128bit、L2キャッシュ256KBと、660をベースに色々とちょこっと削減したモデルになっています。また、GPU Boost、SLIは非対応。
消費電力は110W。ちなみに650が64W、660が140W。

「GeForce GTX 650 Ti」レビュー(4gamer)
14,800円の「GeForce GTX 650 Ti」を試す(impress)
ZOTAC GeForce GTX 650 Ti 2GB DDR5(価格.com)

レビューを見てみると、順当に650と660の真ん中あたりの性能。ただ、リッチな高負荷時は、660との広がりが大きくなっています。500シリーズと比べると、550Tiよりワンランク上、560・560Tiの間くらいをうろちょろ。ただ、これまた高負荷時では若干下回ってしまうようです。メモリインタフェースが128bitっていうのが足を引っ張ってますね(´Д⊂)

さて、気になる消費電力と価格ですが、
「GTX 660と比べると54~73W低い。GTX 650と比べるとプラス15~34W。Fermi世代のミドルクラスと比べると,GTX 550 Tiより34~59W,GTX 560よりは73~91Wも低い。」
とのこと。価格は1万4800円前後ということで、650や550Tiより5000円ほど高め。

現在550Tiと440の2枚刺しで使ってるわけですが、ZOTACから650TiでDVI×2、HDMI×2の4画面同時出力が可能な「ZOTAC GeForce GTX 650 Ti 2GB DDR5」が!
予想価格が1万8000円と少々お高めですが、2枚刺しで頑張るよりは電力的にアリに違いない(´ー`)


GeForce GTX 650 Ti販売開始!” への4件のコメント

  1. ずーとテックサイドのリンクを使ってたんだけどいつの間にかデザイン変えたんだね。
    なんか昔の古いデザインのほうがよかったな。
    最近はWordPressばっかでつまんない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。